2014年2月19日水曜日

吃音(きつおん・どもり)って何?

吃音ってなんでしょうか?
きつおんと読みます。どもりとも言いますね。

芦屋雁之助さんという俳優が演じていた裸の大将放浪記というドラマがよくイメージされるかなと思います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%B8%E3%81%AE%E5%A4%A7%E5%B0%86%E6%94%BE%E6%B5%AA%E8%A8%98#.E8.8A.A6.E5.B1.8B.E9.9B.81.E4.B9.8B.E5.8A.A9.E7.89.88

「お お お お おにぎりがたべたいんだな」のように。


2014年近辺だと、英国王のスピーチという映画も吃音を扱っています。
主人公のジョージ6世が吃音と向き合いながら英国王になる映画です。
ちなみに、日本語吹き替えではなく、必ず本音声で御覧ください。日本語吹き替えはダメです。吃音がしっかりと再現されていません。

後日談ですが、この映画では吃音を克服する映画だと勘違いする人がいますが、私はそうは思っていません。吃音を向き合う映画だと思っています。事実、ヒストリーチャンネルのイギリス王ジョージ6世を扱ったドキュメンタリーでは、「ジョージ6世は年配になると、また吃音が悪化していた」というナレーションがあります。吃音が治ったわけではないのです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8B%B1%E5%9B%BD%E7%8E%8B%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%81

その他にも吃音者がいる作品といえば…
そうですね。
ハリーポッターのクィリナス・クィレル先生が吃音だったように私には感じました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%8A%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%82%A3%E3%83%AC%E3%83%AB

あとは映画パールハーバー(ベン・アフレック ジョシュ・ハートネット)の主人公の戦闘機仲間に吃音者がいます。
レッド役 ユエン・ブレムナーですね。このレッドさんは英語音声で聞いていれば吃音であることがわかります。役で吃音なのかもともと吃音なのかはわかりません。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC_(%E6%98%A0%E7%94%BB)





吃音に大きく分けて3種類あります。

連声型(連発、連続型) れんぱつ・れんぞく
たとえば「おはようございます」という文章の場合、発声が「お、お、お、おは、おはようございます」などと、ある言葉を連続して発生する状態。

伸発 しんぱつ
「おーーーはようございます」と、語頭の音が引き伸ばされる状態。

無声型(難発、無音型) なんぱつ・むおん
「ぉ、……(無音)」となり、最初の言葉から後ろが続かない状態。

Wikipediaの吃音症より
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%83%E9%9F%B3%E7%97%87



ちなみに私の場合は連発と難発を持っています。
連発は
「わた わた わた わた わた わた わたし の なまえ は やまだ たろう です」

といった感じです。

難発の場合は、最初の「わたくし…………←で止まってしまう(本来は私、○○株式会社のやまだともうしますが)」とならなければいけない。


まぁこんなところです。


吃音のことまとめられているサイト
・小児期発症流暢症(吃音)/小児期発症流暢障害(吃音)きつおん・どもり情報最前線!! 
吃音(きつおん・どもり)は2015年1月現在、日本国では発達障害者とされています。発達障害者支援法と17文科初第16号 厚生労働省発障第0401008号を参照のこと。2005年から障害者とされており障害者手帳や障害者雇用や障害者年金、住民税や所得税の減免や様々な社会保障・法的支援の利用可能です
http://matome.naver.jp/odai/2142139170911907401

・【発達障害】官民団体の人事採用担当さんは障害者手帳の取得も促して 就活生や転職する人を悩ませる吃音症
吃音(きつおん・どもり)は2015年1月現在、日本国では発達障害者とされています。発達障害者支援法と17文科初第16号 厚生労働省発障第0401008号を参照のこと。2005年から障害者とされており障害者手帳や障害者雇用や障害者年金、住民税や所得税の減免や様々な公的福祉を受けることができるのです。
http://matome.naver.jp/odai/2143257173980112401

・吃音(きつおん・どもる)障害で障害者手帳を取得する方法 病院リスト 障害者手帳を取ろう!
フジテレビ 月9ドラマ ラヴソングは吃音障害者が登場するドラマでした。皆さまは吃音が障害だったと知っていましたか?吃音がある有名人・政治家などが「吃音を克服したとか、治した」という発言をするため、吃音は治るものだと勘違いしていませんか?正確には治る人と治らない人がいます。
http://matome.naver.jp/odai/2146191184156858701

私が吃音を自覚したとき

私が吃音を自覚したのは、今になって考えると保育園のときです。その時に自分では気づいていませんでしたが。両親からよく、しゃべり方について指摘されることがありました。まだ、この時は自分自身では特に何も苦痛を感じることはありませんでした。

そして小学生になります。小学生になってからは、なぜか周囲から私のしゃべり方をマネするクラスメートが出てきました。また、担任の先生からもうまく喋れないのを指摘されています。国語の教科書を読むときなどは読み直しさせられました。

このあたりから自分はしゃべり方が変なんだ。
たしかに、言いたいことがあるけど、頭では言いたいことがわかっているけど言えないな。と考えるようになりました。

しばらくして中学年になり担任の先生が変わったのですが、その先生は吃音をというものを理解していた?知っていたようで私は、「ことばの教室」というところに通うようになりました。自分が通学している小学校とは別の小学校の養護学級に行くことになりました。今は特別支援学級というのが一般的なようですね。

そこで毎週、いろいろなことをしていました。
まぁいろいろなことっていうのは、主に遊ぶことです。養護学級の友達と遊んだり、料理を作ったり、箱庭をつくったり、ちょっと遠くまで外出したり、動物小屋で遊んだり、スーパーファミコンで遊んだりもしました。養護学級ってスーファミあるのかよwってびっくりしましたけどね。

で、吃音に関係ないことばかりしていました。まずは他人と触れ合うこと、コミュニケーションをとることを第一としていたようです。

では吃音に関係する訓練は何をしたかというと、国語の教科書の音読であったり、その場面を録音・録画したりするなどしていろいろしゃべり方・発話のしかたの訓練をしていました。

ことばの教室に通ったことで何か吃音に変化はあったか?と言われれば私自身なんともいえませんが、今でもその学校の先生とは連絡を取り合っている仲であります。



今回はこの辺で失礼します。

このブログについて

このブログは、とある成人吃音者の個人的ブログです。

これから吃音者として生きる当事者、その家族、学校の先生、吃音の研究者など皆様に読んでいただけると幸いです。

また、私は吃音の他に、「発達障害」である、広汎性発達障害とADHDとLD(学習障害の計算障害)があります。(現在では発達障害のことを自閉症スペクトラムと言います)
発達障害者むけの記事も書いていきます。


コメント歓迎です。また、その他にも「こんな考え方があるよ」「こんな情報もあるよ」と教えて下さい。勉強になります。

それではよろしくお願いいたします。



プライバシーポリシーなど

■ 「このブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

■このブログは「GoogleAdSense」と「Google Analytics」を利用しています。
・Google アナリティクス リマーケティング機能
・Google ディスプレイ ネットワークの表示回数レポート機能
・Google アナリティクスのユーザーの分布とインタレスト カテゴリに関するレポート機能
・Google アナリティクスを使用して広告 Cookie と匿名 ID を使ったデータを収集する統合的なサービス機能

当サイトとGoogle Inc.を含む第三者配信事業者は、ファーストパーティCookie (Google アナリティクスの Cookie など) または他のファーストパーティIDとサードパーティCookie (DoubleClick Cookieなど)または他のサードパーティIDを組み合わせ、 当サイトを訪れるユーザーの属性や興味・関心の分析に利用しております。

・Google Inc.を含む第三者配信事業者は Cookieや匿名IDの他を使用して、ウェブサイトにアクセスした過去から今までの記録情報、ユーザーの興味、関心や所在地などに基づきユーザー合わせた最適な広告を配信します。
・DoubleClick Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告をユーザーに表示できます。
・ユーザーは広告設定で、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます(また、aboutads.info ページでは、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される第三者配信事業者の Cookie を無効にできます)。
・Google Analyticsによる情報収集はサイト利用状況確認のためのみ行われています。個人情報を特定する情報は取得していません。
・このブログを閲覧している人は設定によりクッキーの無効化が行えます。





■欧州連合(EU)諸国における Cookie に関する通知
このサイトでは、サービスの配信、広告のカスタマイズ、トラフィックの分析に Google の Cookie を使用しています。サイトの使用状況に関する情報は Google と共有されます。このサイトを使用すると、Cookie の使用に同意することになります。

Google社のプライバシーポリシーをご覧ください
http://www.google.com/intl/ja/policies/privacy/

Google社の利用するCookie
http://www.google.com/policies/technologies/types/

匿名IDについて
https://www.google.com/policies/privacy/key-terms/#toc-terms-identifier


Google社のCookieを無効にするには?
http://www.google.com/ads/preferences/

第三者配信事業者の Cookie を無効にするには?
http://www.aboutads.info/

欧州連合(EU)諸国における Cookie に関する通知
https://support.google.com/blogger/answer/6253244?p=eu_cookies_notice&hl=ja&rd=1